本文へスキップ

すえやすどっとこむは、○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○なショップです。

to

new item重要なお知らせ

この度、不慮の交通事故の為、身体的にブリーディングを行うことが困難となってしまいました。
苦渋の決断ではございますが、、繁殖ペア(親鳥)を引き取ってくださる方を探しております。ご希望の方は下記メールアドレスまでご連絡ください。

okame-001@sueyasu.com





商品イメージ

6月20日・6月22日孵化の雛

白ポヨ毛はホワイトフェース
黄色ポヨ毛はノーマルフェースもしくはパステル

もう1個の卵は6月27日に孵化しなければ撤去します。

商品イメージ

6月16日・18日・20日に孵化した雛です。

ホワイトフェース1羽とノーマルフェース2羽

画像の卵はすでに撤去しています。

6月27日、一番小さい雛の圧死を確認。
隣の解体工事のせいで雛が次々と圧死しています。

newsお譲り情報

6月24日記載
我が家の隣の敷地が解体工事の為、毎日震度3くらいの揺れに見舞われ、オカメたちはパニックを起こすし、巣箱の親鳥は雛を圧死させるし、今年は散々な目に逢っています。特に新生雛への被害は甚大なもので、皆様方への供給量が大幅に減少してしまいますことは明らかでございます。誠に申し訳ございません。


6月26日記載

誠に申し訳ございません。
私が交通事故による怪我の為入院しております為、しばらくの間、お譲りの見学会を中断させていただきます。
悪しからずご了承くださいませ。

尚、息子の勤務上、見学会可能な日程もございますので、とりあえずメールにてお問い合わせいただければ幸いに存じます。
追記。
隣の工事の振動の為、繁殖ペアが卵すら産まなくなってしまいました。
毎日、日中は常に震度3くらい揺れるんです。私ももう我慢の限界です。
元々隣の土地の所有者とは境界に植えている樹木について、以前からもめていたのです。凄く伸びが速く私の敷地に飛び出して来たり、道路の半分近くまではみ出して来たり、その度、我が家の家族が総出で伐採作業をしていたんです。年に4回〜5回です。以前は伐採した樹木をゴミ袋に入れて処分していたため、1回に1200円分くらいのゴミ袋を使用したこともありました。最近は伐採した樹木や雑草は隣の敷地に投げ入れていたのですが・・
つい最近のことです。私の我慢の限界もピークに達したので、隣のご主人に、いい加減どうにかしてくれと申し入れたら、「もうすぐこの木は全て撤去してしまってフェンスにしますから」と言う返事だったのです。正直ほっとしました。ようやくこの伐採作業から解放されると。
それから数日後、建設会社を名乗る現場監督と思われる人が挨拶に来たんです。
内容は、「今度工事を請け負いました〇〇株式会社と申します。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします」との事だったのです。工事内容の話なんて一切ありませんでした。こちらも隣のご主人からお話は聞いています。と言ったものの、こちらは当然、フェンスの工事をするものだと思っていたため何も対策はしていませんでした。樹木の伐採にフェンスの取り付け工事。大した工事ではないと思っていたからです。
ところがです。突然隣の建物が、大型重機で解体され始めたのです。ものすごい音と振動でオカメは巣箱の中でパニックを起こすし、雛は殆ど踏みつぶされて死んでしまうし。卵も割れてしまうし、もう、散々でした。翌日も、翌々日も、とうとう全ての雛が死んでしまいました。画像に残っている雛が全てです。今後の産卵も現時点では期待できません。1年のうちで一番繁殖数の多いこの時期に、散々です。もう私は我慢の限界を超えてしまいました。これが熊本地震の時のような天災ならあきらめもつきます。これは明らかに人災です。もう我慢できません。行動に移すことにしました。泣き寝入りは出来ません。